家が売れない場合の対処法

親も高齢で近いうちには・・・
相続も考えておかないと・・・

準備はしておかなきゃ、まずいよな」と解っていても、モヤモヤと心にあるだけで、日々の仕事や生活に追われて、なにもやっていない

私と同じ状況の人は、かなり多いのではないでしょうか?

親から譲り受ける大事な実家や不動産

ところが、遺産相続のトラブルはこの20年で約1.5倍に急増しているそうです(参考:平成29年最高裁判所 司法統計報
高齢化による相続件数の増加も原因なのですが、トラブルに発展している一番の原因は、核家族化の影響とも言われています。

私もそうですが、実家に帰るのは盆と正月ぐらい、親と毎日会話するわけでも無く、実家がどれぐらい老朽化してるか?権利がどうなっているか?なんて事はちゃんと親と話した事もありませんでした。

遺産相続でトラブルになっている金額は5000万円以下が8割弱だそうです。これは丁度、親から相続する実家や土地の相続金額と符号します。相続トラブルの大きな要因になるのが不動産です。

私の家族は、裕福な家庭ではありませんが、実家は持ち家なので、いつか不動産相続しなければなりません。

遺産相続でトラブルになっているのは、億万長者ではなく、私達の様な一般人なんです。

私にこんな不動産トラブルがありました。

妹夫婦が親と2世帯同居する事になり、妹夫婦所有の一軒家に兄である私が変わりに住んでローンを払っていました。

10年程住んだその一軒家が行政の区画整備で立ち退きになったのです。

兄弟なので賃貸契約書をかわす事もなく口約束で住んでいましたが、これが金銭問題に発展

ローンの残額はこちらが10年払っている(妹夫婦は2年だけ)ので、共有持分的な状態ではあったのですが、法的に証明する書類は無い。
嫁は「半分はもらうべきだ!」と迫ってくるし、急に引っ越しが必要になり費用も大きくかかる。

行政からは3000万円の提示がありましたが、それでも時間が無かったので、大喧嘩になりました。

仲のいい兄弟だったのに関係は決裂
これ以上、揉めるのが嫌で300万円だけ貰って話を終わらせました。

金銭問題になると、いくら仲のいい兄弟でも決別してしまう。最悪の結果になるんです。

1/10しかもらわなかった事に嫁さんはカンカンでしたが、もう2度と兄弟で金銭問題はごめんです

これが、遺産相続になれば、関わる人数も増え、法的な問題もあるので、かなり複雑になます。

一般的家庭で遺産相続の70%以上が不動産です。

  • 相続したが、老朽化が激しい
  • 空家のまま放置で近隣トラブルに発展

という問題も多く発生しているので、できれば不動産関係はすぐに査定して金額を割り出しておく事をおすすめします。

不動産の査定価格がわかれば、相続人への分割額を「前もって計算」できるので、トラブルを回避できるからです。

突然相続した場合、金銭問題が大きくなる可能性が高くなるんです。

日々の仕事もあるし、生活もある。結果、時間が無くて、トラブルに発展してしまうのです。

大事な親からの相続で、家族や兄弟が仲違いするのは避けたいですよね。
こんなに、切ない事はありませんよ

ゆっくり考える時間をもって置く事が重要だとおもいます。

相続物件の場合、法的な問題も多く弁護士に問題解決を依頼する事も多くあります。

不動産会社も同じく、専門知識が無いと取り扱えない物件も多く、法的な問題にも対応できる不動産会社を選ばなくてはなりません。

私の身内でも、相続して売却しようとしたら、土地に権利者が3人いた。という事件がありました。

街の不動産屋に頼んでいたのですが「ウチでは対応できない」と断られてしまい。不動産会社探しからやり直し・・・

売却を進めてみたら、

  • 実は訳あり物件だった
  • 金銭問題で権利者が揉めていた

この様な事は不動産あるあるだそうです。

不動産売却の一括査定サービスは様々あります。
査定金額だけ知りたいなら、一般的な一括査定でいいと思います。

ですが、相続物件の場合、突発的な事態がつきものです。

法的なサポートのある専門知識の高い不動産会社を選ぶようにしましょう。

1社だけの査定はあまりオススメできません。不動産会社によって査定方法や相場感がちがうからです。営業担当との相性も重要になるので、査定をする時は、必ず相見積もりで適切な不動産業者を選ぶ必要があります。

そこで、一括査定サービスを利用するのが一番良い方法なのですが、相続物件の査定の場合、法的な対応も可能な「いえカツLIFE」がおすすめです。

一般的な一括査定と圧倒的に違う特徴があります。

  1. 仲介・業者買取・リースバックの
    3種類の価格が分かる
  2. 一般的な物件だけでなく
    訳あり不動産物件まで
    売却方法ごとに売却査定
  3. 相続離婚で生じた物件や
    金銭的事情が絡む物件、共有持分など
    専門知識がないと取り扱えない物件も
    売却査定できる

等、問題のある物件でも専門性が高い不動産会社をマッチングできる一括査定サービスです。
対応物件もかなり幅広く、特別な事情や金銭問題が絡んでいたとしても査定可能です。

▼対応可能な物件の一例

相続で生じた物件
離婚で生じた物件
金銭的事情が絡む物件 共有持分
借地権 底地
再建築不可物件 分譲マンション
一戸建て 土地
店舗・工場・倉庫 一棟アパート・マンション
投資マンション
(1R・1K)
区分所有ビル
(1室)
農地・その他 .etc

いえカツLIFEは、アンケート調査で相続・離婚・金銭問題の専門性が満足度97.2%となっています。

↓スマホの方は左右にスクロールできます

不動産売却_相続問題 不動産売却_無料法律相談 不動産売却_方法

弁護士の無料相談サービスも付帯しており、

  • 権利関係が複雑になっているので不動産会社に取り扱えないといわれた。
  • ワケありの物件なので買い叩かれそう。
  • 不動産を完全に手放すことに身内からの反対意見がある。

等の不安を抱えている方に、3種類の売却方法から不動産の専門家が完全無料で相談に乗ってくれます。

別で弁護士に相談する費用等考えるとコスト面でも安心できますね。

いえカツLIFE一般的な不動産一括査定の違いを比較表にしてみました。

↓スマホの方は左右にスクロールできます

売却方法の選択
傾向
向いている人
いえカツLIFE
・仲介査定
・業者買取査定
・リースバック査定
3つ選択できる
査定方法が3種類なので、
最適な売却方法が見つかる
・すぐに売却したい
・事情があり出来るだけ早く売りたい
一般的な
売却査定
仲介査定のみ
売却時期が不透明な査定額になる
傾向がある。
(市場価格とかけ離れるリスク)
・1年以内に売却する気がない
・売出し価格を知りたい

一般的な一括査定サービスは「仲介査定」だけですが、いえカツLIFEで査定をすると、下記の様に3種類の売却方法売却期間売却額が解るので、比較検討した上で決定できます。
査定方法 売却期間 売却額
仲介査定 10ヶ月 3,500万円
業者買取査定 1ヶ月 2,700万円
リースバック査定 2ヶ月 2,500万円

私も初めて知ったのですが、リースバック査定という方法なら「住みながら売却」できる為、2,500万円と売却価格は安く見えますが、事情によってはメリットは大きいかもしれません。

終活として活用する高齢者夫婦も多い様です。

この様に、一般的な比較サイトでは解らない最適な売却方法を見つける事ができます。

査定方法の違いやメリット・デメリットをくわしく知りたい方は、公式サイトに詳しい説明が掲載されています。

不動産査定の種類

問題のある物件や金銭問題等難しい物件でも、多くの人がいえカツLIFEで売却に成功しています。

共有持分売却に成功! 60代/女性
  • 共有者の兄が売却して現金に換えたいと言い出した!
  • 全体売却と共有持分のみの売却で価格差が大きいのに驚いた

不動産売却成功01

借地権売却に成功! 40代/女性
  • 地主さんが第三者への売却を認めてくれない!
  • 不動産会社が地主さんの弁護士と粘り強く交渉してくれた
  • 借地権専門の不動産会社複数社と出会えるのは良い

公式サイトには、他にも売却事例が掲載されています。

>公式サイトへ

不動産売却_訳あり物件

相続の不動産売却は、法的な対応ができる、不動産業者を選ぶ事が重要だと、おわかりいただけたと思います。

持ち家や相続した不動産、大事な物件の売却。だれだって後悔したくはありませんし、家族や兄弟と決裂するような悲しい事態になりたくありませんよね。

売却を失敗しないために、注意すべきポイントは3つです。

  1. 売却方法ごとに売却までの流れ、特徴をしっかり確認すること
  2. 専門性の高い複数の不動産会社と接点を設けること
  3. 複数の担当者と実際に会い、ご自身の目で信頼のできる担当者を選ぶこと

そして、そのポイントを抑える為に、専門的知識のある不動産一括査定サイトを賢く利用しましょう。「専門性」が最も重要です。

「絶対に失敗したくない」と考えるあまり、調べる事に時間を使ってしまっては意味がありません。失敗したくないなら、初めから専門家に任せてしまうのが、一番スムーズな方法です。

それに、時期によっても査定価格は変動します。

特に今は不動産バブルが終わりオリンピックの延期も重なって、今年来年あたりが相場のピークと言われています。今が売りどきかもしれません。参考:国土交通省 不動産価格指数 2020.10.30

行動が遅かったばかりに「売却価格が数百万も違った・・・」なんて事にならない様に、できるだけ早く行動しましょう。

不動産は性質上、運用のプロでもないぎり「持てば持つほど価値が勝手に下がっていく資産」とも言われています。私たち素人が相続した場合、早く売れるに越した事はありません

相続予定がある売却を考えている物件があるなら、今すぐ売却価格をチェックしましょう。

売却査定も相談も全て無料です。

 

 

運営者情報 
Copyright ©2020 Geek Media Report All Rights Reserved.